地鎮祭を行いました

土地を購入してから長い月日が流れ、季節も変わりましたが、先日ようやく地鎮祭を行うことができました。今回は地鎮祭の準備や、当日の流れについて記録したいと思います。

スポンサーリンク

初めての地鎮祭

地鎮祭にはこれまで出席したことがありません。近くの土地でテントを建てて、何かやっているなというのは見たことがありますが、地鎮祭が行われている現場を見たことがないので、どういう儀式なのか想像もつきませんでした。

地鎮祭とは

地鎮祭とは、地の神を鎮めると書き、土地の神様に建築工事の奉告を行い、工事の無事と安全を祈願する祭典とのことです。

これは家の建築に関してだけではなく、今後その土地に住むものとして、きちんと執り行わなければならない祭典です。

地鎮祭の準備

神職の手配

神職、ざっくりとした言い方をさせてもらえば神主さんですね。地鎮祭には神主さんに来ていただかなければなりません。

地鎮祭を行ってくれる神社はその土地によって決まっているようです。早速連絡し、希望の日に来ていただけることになりました。

準備の品

地鎮祭では色々準備しなければいけないものがあります。

お米、お酒、海の幸や山の幸など、神様へのお供え物です。

地鎮祭 実際に準備したもの

事前に準備をしたお供え物は、
・米1合
・酒1升
・昆布
・するめ
・干ししいたけ一盛
・野菜一盛
・果物一盛
・塩一袋
・水半合
です。

一盛ってどれくらいなのだろう。と思いましたが、その辺は感覚的なものでよく、あとは旬のものが良いといわれました。

海の幸

IMG_2206.JPG  IMG_2208.JPG

野の幸

IMG_2212-0.jpg IMG_2211-0.jpg

山の幸

IMG_2207.JPG

その他、テントや砂、縄などは施工会社の方が、祭壇や榊、玉串は神職の方が準備をしてくださいました。

地鎮祭 当日

当日は施工会社の方が前もって会場などを作ってくれていますし、神主さんが来てからは、指示に従い、祭の準備を行いました。

お供えの品をそろえておけば、当日の準備に関しては心配ないようです。

地鎮祭が始まった

IMG_2239.JPG

全て準備が整い、地鎮祭が始まりました。

神主さんがお祈りの詞を述べてくれます。どのようなことを言っているのかほとんど分かりませんが、自分の名前や土地の住所は、はっきりと聞き取ることができました。

その後は、神主さんの指導の下、起立や礼を行ったり、玉串を捧げたり、お酒で清めたりなどつつがなく、地鎮祭は進行していきました。

約1時間弱という長い時間だったのですが、当事者である私にはあっという間に終わってしまったという感覚でした。

最後に通例どおりに初穂料を神主さんにお渡しし、本日の地鎮祭は終了となりました。

いよいよこれから家の工事が始まっていきます。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク