株式売却により着手金は確保。以降はつなぎ融資を利用

いよいよマイホームの設計図はほぼ出来上がり、見積もりも最終段階になりました。

しかし、8月末に資金の予定を大幅に狂わす出来事がありました。

とりあえずFCM、キャリアリンク、電算システム、トライステージ、不二電機工業、オオバ、アウトソーシングを売却し、何とか着手金に目処がたちました。

中間金も、自己資金でまかなう予定でしたが、つなぎ融資を利用することにしました。

つなぎ融資にかかる費用を計算してもらった

つなぎ融資は利率が高く、事務手数料も高いと聞いていたので、使うつもりはありませんでした。

ただ、そのような状況ではなくなってしまったため、金融機関に相談に行ったところ、思っていたよりも費用がかからないことが分かりました。(とは言っても、思わぬ出費です。)

背に腹は代えられないため、中間金はつなぎ融資を使い、文字通り資金をつないでいくことにしました。

投資スタイルの変更

気持ちは全然立ち直ることができてはいませんが、勉強になったと思うしかありません。
今後はもう少し守備的な資産運用をしていく必要があるということを学びました。

現時点では、持ってる株式などが上がってくれるのを祈ることしかできませんが。
今は時がたつのを待つしかありませんね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク