立会外分売 午前中にチェックできず売りそびれる

スポンサーリンク

セック(3741)の立会外分売

5/19にセックの立会外分売が行われました。

前日の終値は1,667円
分売価格は1,617円

50円(3%)のディスカウントです。

最近の分売銘柄は立会外分売が発表されてから株価が上がっていくことが多いような気がしますが、セックは分売発表日よりも株価が下がっており、分売前日も結構下げていました。

分売株数も20万株と当選不可能という株数ではありません。これはチャンスとばかりに一通り申し込んでおきました。

午前中はチェックできず

相性の良い松井証券で100株配分をいただきました。残りはハズレです。

ただ午前中は当落のチェックができず当選に気がついたのは後場が始まる前でした。

始値1,667円、高値1,688円
その後は1,650円台をうろうろという感じでした。

気がついたときに売っても4,000円くらいの利益が出せたのですが、その時はそのうち上がるだろうという見立てで売却せず。

終わってみれば1,642円まで下がってしまいました。

午前中に売却できれば一番良かったようですが、仕方がありません。東証1部への昇格もなくはない話らしいので、しばらく持ってみても良いのかもしれません。

来週以降の動きを見つつ判断したいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク