ファンケルの株主優待 商品の選び方により優待額に差があります

スポンサーリンク

ファンケル(4921)の株主優待内容

ファンケルの優待権利獲得日は3月末日の年1回です。

100株以上の株式保有で、株主優待カタログから「3,000円相当の自社商品」か「ファンケル 銀座スクエアの3,000円分利用券」を選ぶことができます。

ファンケル 銀座スクエアは東京の銀座にあるので、遠方に住んでいる場合はカタログから商品を選ぶことになります。

選び方によって優待額に差が出ます

優待カタログには、こだわりの1点コースと組み合わせ自由の2点コースがあります。

img_4630.jpg

1点コースはひとつで3,000円相当、2点コースはひとつで1,500円相当というようになっていますが、実際はその中でも金額の差が結構あります。

たとえば1点コースで1番高い「モイスト&リフトエッセンス」は3,726円、一番安い「サンガード50+ プロテクトUV」は2,700円と1,000円以上の差があります。

2点コースでも、1番高い「えんきん」は2,160円、1番安い「洗顔パウダーしっとり&泡立てクッション」は1,399円と約760円の差があります。2点コースでこの差は大きいですね。

そうは言っても、やはり欲しいものを選ぶのが一番いいでしょう。でも選ぶときは、実際どれくらいの金額の商品なのかちょっと気にしてしまいます。

平成28年分

img_4306.jpg

ホワイトニング化粧液と乳液のセットを選びました。いずれも1,836円の商品なので、合計3,672円です。

img_4307.jpg

メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ効果があるとのことです。さっぱりタイプとしっとりタイプがあるのですが株主優待で選べるのはしっとりタイプです。

平成27年分

平成27年に届いた191個目の株主優待です。エイジングケア化粧液と乳液を選びました。定価だと二つ合わせて3,672円なので少しお得でしたね。

エイジングケア 化粧液+乳液 しっとり

IMG_1884.JPG IMG_1885.JPG

総評

株価(1,732円)★★★☆☆:レンジ内で上下しています
配当金(3.35%)★★★★★:高配当銘柄です
株主優待 ★★★★☆:選び方によっては優待利回りが2%を越えます

総合得点(15点満点):12点

※ データは平成28年10月4日終値のものです

無添加化粧品が主力商品のファンケルですが、最近ではサプリメント「カロリミット」のCMを見る機会が多いです。

株主優待カタログの内容は毎年少しずつ変わっています。化粧品やサプリメント、健康食品など、どれが良いか考えながら選ぶのが楽しいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク