ふるさと納税 最高級の満足度 紀北町から豪華な伊勢えび 2尾

スポンサーリンク

三重県紀北町にふるさと納税1万円行いました

三重県北牟婁郡紀北町にふるさと納税を行い、お礼の品として伊勢えびを2尾送っていただきました。

上保商店の伊勢海老

伊勢えびは紀北町と同じ北牟婁郡の紀伊長島町にある「上保」というお店から送られてきました。上保商店は熊野灘の新鮮魚貝を取り扱っているお店で、伊勢海老だけではなく、「あわび」「さざえ」「干し魚」などの高級な海の幸も販売しているとのことです。

img_3171.jpeg

今回送られた伊勢えびは「活冷・伊勢海老」という名で、漁獲された伊勢えびを活きたまま瞬間冷凍して、そのまま送られてきます。この方法だと鮮度、風味、食感のすべてでいい状態を保つことができるそうです。

調理がしやすく、好きなときに解凍して食べることができるというところも助かります。

箱を開けてみて伊勢えびの立派さに驚きます。迫力というか、風格というか、他の食材を圧倒するような存在感です。

img_3182.jpeg

ふるさと納税の案内では1-2尾(約500g)とのことでしたが、今回は2尾でした。大きい伊勢エビ1尾でも良いかもしれませんが、めったに食べることができないので2尾でよかったです。

伊勢海老のおろし方

もちろんこのままでは食べることができないので、伊勢えびを下ろさなくてはなりません。箱に入った伊勢えびの立派な姿を見て、果たして解体できるだろうかと心配になりました。

しかし、そんな心配は無用です。ちゃんと「伊勢海老のおろし方」という説明書が入っていますので、その手順どおりに行っていけば決して難しいことはありません。

img_3184.jpeg

このような感じで、きれいに身を取ることができました。

伊勢海老の食べ方

おろし方だけではなく、伊勢えびのおいしい食べ方、調理法についてもパンフレットが入っていました。お造り、ボイル、オーブン焼き、マヨネーズ焼き、グラタン、パスタ、パエリア、伊勢えび汁等々。色々な食べ方について載っていました。

1尾目はお造りで

食べ方は色々あるとはいえ、やはりお造りは外せません。おろした後に氷水につけて身を引き締め、水気をとったら、お造りのできあがりです。殻に戻してきれいに盛り付けます。

img_3185.jpeg

食べてみてびっくり。伊勢えびのお造りがこれ程美味しいとは。もちもちとした食感。口の中に広がるコクのある旨みや甘み。感動です。

伊勢えび、伊勢えびとみんなが言う理由が分かりました。確かに美味しいです。それも相当美味しいです。

伊勢えびの味噌

伊勢えびは身もおいしいのですが、ミソがまた美味しいです。蟹にもミソがあるように、伊勢えびにもミソがあるんですね。濃厚でとてもおいしかったです。

伊勢えび汁

伊勢えびは身を食べて終わりというわけではありません。殻を鍋に水と一緒に入れて、弱火で煮て「だし」をとります。それに味噌などを入れると、伊勢えび汁の出来上がりです。

img_3187.jpeg

これまた美味しいですね。だしがしっかり出ているので、伊勢えびの風味がほんのり香ってとても上品な汁物です。

伊勢海老のオーブン焼き

2尾目はチーズ焼きでいただきました。伊勢海老を縦に半分に切り、断面に伊勢海老のみそとチーズを乗せます。それからオーブンで少し焦げ目がつくくらい焼きます。

img_3196.jpeg

伊勢海老をパエリアの上に

オーブンされた伊勢海老をパエリアの上に乗せ、刻みねぎをぱらぱらとかけて完成です。

img_3197.jpeg img_3198.jpeg

伊勢海老のオーブン焼きはお造りとは違った良さがあります。香ばしさと風味が素晴らしいです。身の美味しさがぎゅっと凝縮されており、これもまた感動の美味しさです。

伊勢海老せんべい

また、オーブンで焼かれた伊勢海老の殻や脚はおせんべいみたいな感覚で食べることができます。美味しくてやみつきになります。

感想

今回初めて、ふるさと納税で伊勢海老を選びました。お肉や蟹、魚ももちろん良いのですが、伊勢海老は別格だと思いました。美味しさに驚き、感動し、大満足でした。また、絶対に頼みたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク