山口市にふるさと納税 なんと!活きたままの車えびをいただきました

山口市に1万円のふるさと納税

山口県山口市に1万円のふるさと納税を行い、お礼の品として車えびをいただきました。

この車えび、ただの車えびではありません。なんと生きたままの車えびなのです。これ以上ない新鮮な車えびです。

到着日の指定ができます

原田丸海産というお店から送っていただきました。車えびの産地として有名な山口市秋穂にあるお店です。

生ものということで消費期限は基本的には到着日当日までとなっています。お品の到着希望日を聞いてくれるので、確実に受け取れる日を指定しました。

スポンサーリンク

秋穂特産 活き車えび

山口市のふるさと納税で選ぶことができる車えびはいくつかあるのですが、400gと最も量が多いこちらを選びました。

違いがよく分からなかったので、単純に一番量が多いところを選んだというわけです。

活きたままの車えびということで、飛び出してこないか心配です。恐る恐る発泡スチロールをあけると、もう一つ箱が入っていました。

それを開けるとおがくずがぎっしり入っています。この中に車えびがいるのですね。

ここからは、いつ車えびが飛び出してきてもいいように外で作業をしました。車えびがどこに入っていて、どのように動くのか全く想像がつかなかったので少しずつおがくずを分けていきました。

ようやく一尾目を発見。思っていたより動かないなと思っていたら、触るか触らないかというタイミングで急に動き出し、外に跳ねてしまいました。ほんとに急だったのでびっくりです。

跳ねるぞと思いながら触っても、動くと結構びっくりします。一尾ずつ何とか全部拾い上げ、氷水につけました。氷水につけるとえびはすっかりおとなしくなりました。

ここまでの作業はえびが跳んだり、おがくずが散らばっても良いように新聞紙を敷くなどの対策をしてから行うのが良いと思います。

刺身が絶品です

ここまできたら、あとは簡単です。殻を剥いて、刺身にして食べるだけです。

車えびの刺身、初めて食べましたが絶品ですね。歯ごたえや旨みが素晴らしいです。今までこんなに美味しいものを食べたことが無かったなんて、もったいないことをしていました。

やっぱりちょっと前まで活きていたという新鮮さがさらに美味しくさせているのかもしれません。この美味しさ、参りました。

車えびの塩焼き

次の日は塩焼きにして食べました。串で身を刺して、塩焼きにします。

きれいに焼くことができました。調理方法はシンプルなのですが、こちらも美味しいです。ただ刺身に比べると、塩焼きは分が悪いかなと思いました。

アメリケーヌソースのリゾット

殻を利用してアメリケーヌソースを作り、それを用いたリゾットです。

車えびの旨みがよく出ていて美味しいリゾットになりました。その他に、お味噌汁のダシとして使っても美味しかったです。

えびは一匹全部使えるので、本当にありがたい食材です。

山口市へのふるさと納税 まとめ

  • 山口市へ1万円のふるさと納税を行いました
  • 活きたままの車えび400gをいただきました
  • 到着日の希望を聞いてくれます
  • 新鮮そのものの車えびの刺身 最高です!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク