稲葉製作所から株主優待が届きました

スポンサーリンク

稲葉製作所(3421)の株主優待内容

稲葉製作所の株主優待権利確定日は1月末日、7月末日の年2回です。

1月と7月で優待をもらうのに必要な株数が異なります。1月は1,000株以上で、7月は100株以上の保有で株主優待をもらうことができます。

株主優待の内容は以下の通りです。

1月分

・1,000株以上:1,000円分の自社オリジナルの図書カード

1,000株保有には140万円以上必要なので、1月分の優待をもらうのはなかなかハードルが高いです。

7月分

・100株以上300株未満:1,000円分の自社オリジナルの図書カード
・300株以上:3,000円相当の地域特産品、オリジナル図書カードから1品選択

100株、300株保有の場合は同じ優待利回りです。ただ優待利回りは約0.7%と高くはないので、お得感は少ないです。

オリジナルデザインの図書カード

稲葉製作所のオリジナル図書カードは毎年少しずつデザインが変わりますが、基本的には同じ感じです。

2016年7月分

2017年7月分

2017年7月の優待は10月28日に到着しました。

1,000株は無理にしても300株までなら買い増ししたいところですが、株価が下がるまでは100株保有のまま様子を見る予定です。

配当について

2012年7月期:16円
2013年7月期:18円
2014年7月期:20円
2015年7月期:22円
2016年7月期:24円
2017年7月期:26円
2018年7月期(予想):26円

順調に毎年2円ずつ増配になっています。ただ、来期は横ばいの予想となっています。

稲葉製作所(3421)についての総評

  • 株価(1,422円)★★★☆☆:変動が少ないです
  • 配当金(1.83%)★★★☆☆:増配傾向
  • 優待内容 ★★☆☆☆:利回り最大約0.7%
  • 参考指標:PER 62.4倍、PBR 0.66倍
  • 総合得点(15点満点):8点

※ データは2017年10月30日終値時のものです

優待目当てであれば100株または300株保有で十分でしょう。

1,000株持っていれば年2回の優待をもらうことができますが、利回りは約0.3%とかなり低くなってしまいます。

連続増配中ながら配当利回りはまだ低めで優待利回りもあまり良くありませんが、7月の優待銘柄は少ないので一応このまま保有の予定です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク