【先週の取引】 優待廃止の銘柄など4銘柄を売却

スポンサーリンク

4銘柄を売却し利益確定

先週はプロトコーポレーション、ダスキン、Oakキャピタル、ドトール日レスホールディングスを売却しました。

プロトコーポレーション(4298)

7月31日にプロトコーポレーションから株主優待制度の廃止が発表されました。

プロトコーポレーションの優待内容はカタログギフトで、長期継続保有優遇制度もあるという充実した内容でした。残念ながら「公平な利益還元」という観点から優待は廃止になりました。

優待廃止を受けて8月1日は株価が下落。配当利回りは良いので、そのまま継続保有でも良いかと思いつつ7月31日の終値1,724円で指値を入れていたところ8月2日に約定しました。

1日で回復するとは思ってもみなかったので驚きました。

購入価格は1,232円
売却価格は1,742円
100株なので51,000円の利益確定です。

何回か優待と配当をもらい利益も得ることができたので良かったです。

ダスキン(4665)

ダスキンの株主優待は100株保有で1,000円の優待券を年2回です。

優待の内容が株価に見合わないと判断し、今回売却しました。

購入価格が1,642円
売却価格は3,095円
100株なので145,300円の利益確定です。

株価が2,000円くらいまで下がってきたら買い戻したいですがしばらくは無理でしょう。

Oakキャピタル(3113)

Oakキャピタルは6月に購入した銘柄です。株価が急上昇し、優待権利日が3月なので売却しました。

購入価格は222円
売却価格は281円
1,000株なので59,000円の利益確定です。

3月までにまた買い戻したいと思っていますが、チャンスがあるでしょうか。

ドトール日レスHD(3087)

ドトール日レスHDは100株保有で1,000円分の優待がもらえます。

優待内容が株価に見合わないと判断し、売却しました。

購入価格は1,109円
売却価格は2,522円
100株保有なので141,300円の利益確定です。

ドトール日レスHDは配当利回りが2%となる1,500円くらいまで下がってきたら買い戻したいですが、これもちょっと無理そうです。

4銘柄購入しました

八洲電気を100株買い増し、優待新設の日本ギア工業、プロパティエージェント、株価が下がっていたジーンズメイトを新規購入しました。

2017年の損益通算

4銘柄売却して396,600円の利益確定です。これで今年の損益通算は+8,353,400円です。

日経平均が1万円以下だった時代に購入した銘柄を中心に利益確定を進めています。株価が下がりそうで下がらないうちにどんどん売却していきたいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク