3月の株主優待 コンテック ようやく買値あたりに戻ってきました

スポンサーリンク

コンテック(6639)の株主優待内容

コンテックの株主優待権利確定日は3月末日の年1回です。100株以上の保有で株主優待をもらうことができます。

株主優待の内容はクオカードで、保有株数に応じ3段階に分かれています。

・100株以上500株以上:クオカード500円分
・500株以上1,000株未満:クオカード1,500円分
・1,000株以上:クオカード3,000円分

500株、1,000株と増えるにつれ、クオカードの額が増えますが、100株保有の場合が最も良い利回りです。

それでも100株保有時の優待利回りは約0.5%と低い水準です。

コンテックの株価

コンテックは2016年2月に487円まで下げ、その後9月あたりから上がり始め、今年の2月には1,030円まで上昇しました。

約1年で株価が2倍以上に上がったことになります。

1,000株保有中

コンテックを1,000株保有しており、普通なら儲かっていそうなものですが、購入価格が956円なので、ようやく含み損が解消できたというくらいの状態です。

放置してあったので気がつきませんでしたが、一時は含み損が46万円に膨れ上がっていたようです。

株価が1,000円を越えているときが売却のチャンスでしたが、それも知らなかったため、今度のチャンスは逃さないようにしなくてはなりません。

1,000株保有の場合、優待は3,000円分のクオカードですが、利回りは0.3%という低水準です。

配当金

配当は、中間10円、期末10円の年間配当20円というのが続いています。配当利回りは約2%とまあまあの水準です。

コンテック(6639)についての総評

  • 株価(946円)★★★☆☆:ようやく戻ってきました
  • 配当金(2.1%)★★★☆☆:まあまあです
  • 優待内容 ★★☆☆☆:優待目当てで購入するには物足りない
  • 参考指標:PER 10.7倍、PBR 0.85倍
  • 総合得点(15点満点):8点

※ データは平成29年2月27日終値時のものです

コンテックは優待利回りが低いので、今度上がったら売却しようと思っています。2016年2月に株価が半分になっていたとは知りませんでしたが、精神衛生上、知らずに済んでよかったです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク