吉野家HDの株主優待 はなまるうどんでも利用できます

スポンサーリンク

吉野家ホールディングス(9861)の株主優待

吉野家ホールディングスの優待権利獲得日は2月末日、8月末日の年2回です。

保有株数に応じ、グループ会社店舗で利用できる食事優待券(1枚300円)をもらうことができます。

保有株数によりもらえる枚数が決まります。

  • 100株以上1,000株未満:10枚(3,000円分)
  • 1,000株以上2,000株未満:20枚(6,000円分)
  • 2,000株以上:40枚(12,000円分)

年間の優待利回り

・100株保有時:2.98%
・1,000株保有時:0.59%
・2,000株保有時:0.59%

100株保有時は約3%と高利回りですが、それ以上になると利回りが下がってしまいます。

優待券はお釣りがでません

他の企業の優待券と同様に、吉野家HDの株主優待券もお釣りはでません。

ただ、1枚500円や1,000円の優待券が多い中、吉野家HDは1枚300円なので使う時に金額の調整がしやすいです。

1枚あたりの金額が少ないほうが無駄なく優待を使うことができ、ありがたいです。

優待券を使用できる店舗

優待券を使用できる店舗は吉野家だけではありません。吉野家ホールディングスのグループ店舗でも使うことが出来ます。

・吉野家
・はなまるうどん
・ステーキのどん
・フォルクス
・しゃぶしゃぶどん亭
・ドン・イタリーアノ
・京樽
などで使うことができます。

たまには牛丼ではなくうどんが食べたいという気分の時もあるので、このように色々なお店で使えるのはうれしいです。

牛丼やうどんなら優待券1枚に少し金額を足すことで食べることができます。

株主優待券を商品と交換することも出来ます

未使用の株主優待券1冊(10枚)を「吉野家商品詰め合わせセット」と交換することができます。

2017年2月分は牛丼の具(3食)、焼鶏丼の具(2食)、親子丼の具(2食)との交換でした。
2017年8月分は牛丼の具(4食)、サラ牛(2食)
2018年2月分は牛丼の具(6食)

サラ牛とはサラシア入り牛丼の具です。

毎回思うのですが、やはり店舗で使用する方がお得だと思います。

株主優待の到着日

2018年2月分:5月7日

配当について

中間10円、期末10円の年間配当20円が続いています。

2019年2月期も同様の予想となっています。

吉野家ホールディングス(9861)の総評

株価(2,011円)★★★★☆:安定しています
配当金(0.99%)★☆☆☆☆:配当は少なめ
優待内容 ★★★★☆:高利回りの優待です

参考指標:PER 76.3倍、PBR 2.27倍

総合得点(15点満点):8点

※データは2018年5月9日終値時のものです

吉野家HDの株主優待はいろいろな店舗で利用できるので使い勝手がよいです。利回りも良いので優待内容が現行のまま続いているうちは継続保有の予定です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク