朝日工業の株主優待 おこめ券に加え1年以上の保有でクオカードも

スポンサーリンク

朝日工業(5456)の株主優待内容

朝日工業の株主優待権利確定日は3月末日の年1回です。100株以上の保有で株主優待をもらうことができます。

株主優待の内容は全農のおこめギフト券で、保有株数に応じ4段階に区分されています。

・100株以上200株未満:おこめ券4枚
・200株以上300株未満:おこめ券8枚
・300株以上500株未満:おこめ券12枚
・500株以上:おこめ券16枚

100株、200株、300株と株数が増えるにつれ、同じようにおこめ券の枚数が2倍、3倍と増えていきます。利回りも1.4%なのでおこめ券の優待銘柄にしては良い方です。

500株になると利回りは少し下がってしまいますが、極端に下がるわけではないので、優待目的で500株までの買い増しは有りかもしれません。

100株保有しているのでおこめ券4枚もらっています。買い増しを考えたことがありましたが、その当時、朝日工業は配当がなかったので見合わせました。

今は配当もあるので、株価によっては買い増しもありかなと思っています。

1年以上の継続保有でクオカード追加

朝日工業の株主優待には長期継続保有優遇制度があり、1年以上継続保有するとクオカードが追加になります。

よくある優待のパターンとしては同じおこめ券が増額になることが多いと思いますが、朝日工業の場合、追加分はクオカードになります。

追加の額はおこめ券と同じように保有株数に応じ、4段階になっています。

1年以上継続保有の場合

1年以上継続保有した場合の優待は以下のようになります。

・100株以上200株未満:おこめ券4枚+クオカード500円分
・200株以上300株未満:おこめ券8枚+クオカード1,000円分
・300株以上500株未満:おこめ券12枚+クオカード1,500円分
・500株以上:おこめ券16枚+クオカード2,000円分

1年以上の継続保有になると、100株~300株保有時は優待利回りが1.8%とさらに高くなります。

長期保有といっても1年以上とハードルは低めであるのも良いところです。

2015年から配当が復活

2015年度より3年ぶりに配当が復活しています。

 中間配当期末配当年間配当
2014年3月期000
2015年3月期04040
2016年3月期102030
2017年3月期(予想)102030

ちょっと増えただけではなく、まあまあの利回りなので嬉しいですね。

今後の方針

株式を購入または売却する際の配当利回りの目安を2%、優待利回りの目安を1%とすると、朝日工業はそれを楽に上回っています。

無配だった時期は、朝日工業はもうダメかなとか思っていましたが、今ではすっかり気が変わり、チャンスがあれば買い増ししたいと思っています。

朝日工業(5456)についての総評

  • 株価(1,256円)★★★☆☆:だいぶ戻ってきました
  • 配当金(2.39%)★★★★☆:無配からの復活です
  • 優待内容 ★★★★☆:1年以上でクオカード追加
  • 参考指標:PER 6.95倍、PBR 1.14倍
  • 総合得点(15点満点):11点

※ データは平成29年1月13日終値時のものです

2015年度に業績が回復し、配当も復活し、株価も戻してきました。もう一段上がるのを期待していますが、下がるようであれば買い増ししたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

朝日工業の株主優待 おこめ券に加え1年以上の保有でクオカードも
この記事をお届けしたブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク