ヴィレッジヴァンガードの株主優待 改悪により株価が下がった代表的な銘柄

スポンサーリンク

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)の株主優待内容

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションの株主優待権利確定日は11月末日の年1回です。

以前は人気の株主優待銘柄でしたが2016年に優待制度の変更があって以来、その人気はガタ落ちです。回復するどころか未だにじわりじわりと下がってしまっています。

変更前

優待権利確定日:11月末日の年1回

100株以上の保有で

継続保有期間
1年未満:買い物券10,000円分(1000円×10枚)
1年以上2年未満:買い物券11,000円分(1000円×11枚)
2年以上:買い物券12,000円分(1000円×12枚)

高い優待利回りに長期継続保有優遇制度もついているというすごくお得な優待内容でした。

ヴィレッジヴァンガードから12,000円分の株主優待お買物券 優待券なので思い切って買い物ができます!
ヴィレッジヴァンガードから株主優待が届きました。ヴィレッジヴァンガードの各店舗で利用できるお買物券です。 ヴィレッジヴァンガード(27...

変更後(2016年分以降)

優待権利確定日:11月末日の年1回

100株以上の保有で

継続保有期間
1年未満:買い物券10,000円分(1000円×10枚)
1年以上2年未満:買い物券11,000円分(1000円×11枚)
2年以上:買い物券12,000円分(1000円×12枚)

ここまでは今までと同じなのですが、「お買い上げ金額2000円ごとに1枚(1000円分)まで」という使用制限が新たにつくことになりました。

タダだから優待券を使っていたのに、現金を使うなら全く行く気がしません。優待額は変わりないのですが、同じように思った株主がかなり多かったようで改悪発表後、株価は大幅に下がったまま上がる気配を見せません。

優待変更前に1,600円前後だった株価が現在は1,000円前後に下がってしまっています。元の株価に戻るのは厳しそうな感じです。

株主ご優待券

2年以上継続保有しているので12,000円分の優待券をもらっています。

「ヴィレッジヴァンガード」、「new style」、「QK」、「HARVEST VILLAGE」、「ヴィレッジヴァンガードアウトレット」、「ヴィレッジヴァンガードダイナー」、「ヴィレッジヴァンガードカフェ」で利用することができる優待券です。

2018年2月1日以降、「HOME COMING」と「こととや」では利用できなくなりました。

前述の通り、1回の買い上げ金額2,000円以上の場合につき、2,000円毎に1枚利用できます。

株主限定プレミアムご招待券

ヴィレヴァンお宝発掘セールの招待券も入っていました。9-13時は株主限定入場ということでかなり優遇されているようですが、おそらく行くことはないと思います。

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)についての総評

  • 株価(998円)★☆☆☆☆:低空飛行
  • 配当金(1.4%)★★☆☆☆:株価が下がり利回り上昇
  • 優待内容 ★★☆☆☆:使い勝手が悪くなりました
  • 参考指標:PBR 1.1倍
  • 総合得点(15点満点):5点

※ データは2018年3月7日終値時のものです

優待額は変わりありませんが、利用方法が変わったということで優待の人気が大きく低下してしまいました。優待額を減らしてもいいので、以前の形式に戻してほしいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク