343銘柄のうち、何とかして今年中に売ってしまいたい銘柄

現在、343銘柄保有中ですが、そのほとんどが株主優待を実施している銘柄です。
しかし、その中でも株主優待を廃止した銘柄や最初から実施をしていない銘柄があります。
利益が出ていれば、すぐに売ってしまうのですが、そうでないと保有し続けることになります。
なぜなら、損切りできない性格だからです。
本来であれば、必要に応じて損切りすべきところができないんですね。
これができれば、もう少し良い成績をおさめることができるのでしょうが。
1. 優待廃止、改悪銘柄
オリコン(4800)
マツヤ(7452)
SHO-BI(7819)
2. 優待未実施銘柄
東武住販(3297)
メタウォーター(9551)
3. 必要としていない優待銘柄
ハニーズ(2792)
ハピネスアンドディ(3174)
ブロードバンドタワー(3776)
インテリジェントウェイブ(4847)
スリーエフ(7544)
トランザクション(7818)
トーシン(9444)
昭文社(9475)
小僧寿し(9973)
このようにあげてみますと、優待廃止、改悪が原因で売りたい銘柄よりも、自分が必要としていない銘柄の方が多いことが分かりました。
これは自分のリサーチが足りなかったことが原因ですね。
今後はこういうことがないように、しっかり調べてから購入することを肝に銘じたいと思います。
一つでも多く、上記の銘柄が売れるように祈っています!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク