デリカフーズ 大好きな株主優待 6,000円相当の野菜・果物詰め合わせ

スポンサーリンク

デリカフーズ(3392)の株主優待内容

デリカフーズの株主優待権利確定日は9月末日の年1回です。100株以上の保有で株主優待をもらうことができます。

株主優待の内容は、

1. こだわり野菜・果物詰合せ
2. ジェフグルメカード

の2種類から選ぶことができます。

また、保有株数に応じ3段階に区分されています。

・100株以上500株未満:1,500円相当の野菜・果物詰合せ、またはジェフグルメカード
・500株1,000株未満:3,000円相当の野菜・果物詰合せ、またはジェフグルメカード
・1,000株以上:6,000円相当の野菜・果物詰合せ、またはジェフグルメカード

500株、1,000株と増えるにつれ、優待内容がアップしていきますが、利回りは下がってしまいます。利回りを考えると100株の保有が最も良いでしょう。

6,000円相当の野菜・果物詰合せ

利回りを考えれば100株の保有が良いのですが、野菜・果物の詰合せが結構気に入っているので1,000株保有しています。

この野菜・果物詰合せが6,000円相当なのかどうかは分かりませんが、深く考えずにジェフグルメカードではなく野菜・果物詰合せを選んでいます。

2014年分

古代米を含め14種類の品が入っていました。

デリカフーズの株主優待が届きました 1,000株保有で6,000円相当の野菜・果物 詰め合わせです
今年2つ目に届いた株主優待はデリカフーズ(3392)です。 去年は100株の優待をもらったのですが、届いた優待が気に入ったので、 買...

2015年分

2015年は15種類の品が入っていました。玉葱が傷んでいたのが残念でした。

デリカフーズ 1,000株保有の株主優待 6,000円相当の野菜・果物セット
2015年440個目の株主優待が、デリカフーズ(3392)から届きました。 デリカフーズの優待権利確定日は9月末日の年1回です。 デ...

2016年分

2016年分の優待は17種類の品が入っていました。今までのデリカフーズの優待の中で、今年が一番多くの品が入っていました。

左上から、わわ菜、名月(りんご)、ミニトマト、命仁(玄米)、丹波株しめじ、ブラウンマッシュルーム、ホワイトマッシュルーム、下仁田葱、大栄愛娘(さつまいも)、紅芯大根、じゃがいも、金柑、せとか、甘平、にんじん、だるま芋、益荒男ほうれん草の17種類です。

種類別に分類すると、
(野菜類)にんじん、ミニトマト、わわ菜、紅芯大根、益荒男ほうれん草、下仁田葱
(芋類)じゃがいも、だるま芋、さつまいも
(きのこ類)丹波株しめじ、ホワイト&ブラウンマッシュルーム、
(果物類)名月、金柑、甘平、せとか
(米)玄米

今年も色とりどりの野菜、果物が届きました。デリカフーズの株主優待は、届くとうれしい優待の一つです。

2017年分

2017年分の野菜・果物詰め合わせは1月26日に届きました。今回もたくさんの野菜と果物が入っていました。

このように野菜と果物の品種や説明、生産者さんの写真が載っているパンフレットも同封されています。

今回は全部で19種類の野菜・果物が入っていました。野菜の価格が高騰しているので、大変ありがたいです。

たくさんなので2つに分けて写真を撮りました。

こちらは根菜類中心に。

アロマレッド(人参)、味ちび根(大根)、紅優甘(さつまいも)、ごぼう、安納芋、インカの目覚め(じゃがいも)、だるま芋、玉ねぎ、命仁(白米)

こちらは葉物や果物など

下仁田葱、益荒男ほうれん草、ホワイトマッシュルーム、雪嶺茸、ぜいたくトマト、金柑、せとか、甘平、キウイフルーツ、名月(りんご)

到着した日にトマトとにんじんを食べましたが、格別に美味しかったです。

長期継続保有優遇制度もあります

1,000株以上を3年以上継続保有すると、お米が追加となります。2017年分の優待からようやく適応になりました。

2017年の優待から2,000株以上の保有でお米2㎏に加えて1,500円相当の果物も追加と拡充になりました。ただ、2,000株以上となるとかなりハードルが高いです。

デリカフーズ(3392)についての総評

  • 株価(1,544円)★★★★☆:安定して高いです
  • 配当金(1.04%)★★☆☆☆:少なめ
  • 優待内容 ★★★★★:利回り以上の満足感があります
  • 参考指標:PER 22.8倍、PBR 1.57倍
  • 総合得点(15点満点):11点

※ データは2018年1月28日終値時のものです

デリカフーズは購入時と比べるとかなり株価が上がっています。売却した方が良いのかもしれませんが、優待内容が気に入っているので保有継続中です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク