株主優待 GMOクリック証券の手数料 助かっています

スポンサーリンク

GMOクラウド(3788)の株主優待内容

GMOクラウドの株主優待権利確定日は6月末日と12月末日の年2回です。100株以上かつ6か月以上の継続保有で優待サービスを受けることができます。

GMOクラウドの株主優待は3種類の優待サービスがあり、それをフルに活用すれば結構な優待額になります。

  • GMOクリック証券における
    1. GMOクラウドの株式買付手数料全額キャッシュバック(上限なし)
    2. GMOクラウド以外の株式売買手数料キャッシュバック(最大3,000円)
  • GMOクラウドグループ会社のサービス利用料割引(最大5,000円)

優待の利用には手続きが必要です

GMOクラウドの優待サービスを受けるためには手続きが必要です。

6月分の優待は10月1日から翌年の3月31日まで、12月分の優待は4月1日から9月30日までに申請手続きを完了させなくてはなりません。

この手続きを行わないとせっかく獲得した優待権利がパーになってしまいます。

その際に株主番号が必要なので、メモしておくか同封の紙をとっておく必要があります。

何回か捨ててしまって、電話で問い合わせしたことがあります。

GMOクリック証券での売買手数料キャッシュバック

3,000円を上限としてGMOクリック証券の売買手数料がキャッシュバックされます。

多くの人にとって利用しやすいため、3種類ある優待の中で、これがGMOクラウドの株主優待のメインと考えられます。

フルに使えば年間6,000円の手数料がキャッシュバックされます。

GMOインターネット、GMOアドパートナーズなどのグループ会社の優待も同様の内容のものがあるので、これらを合わせて保有すると手数料はかなり助かります。

GMOクラウドグループサービス利用料

以下のGMOクラウドグループサービス利用料が最大5,000円までキャッシュバックされます。

ホスティングサービス

  • GMOクラウドレンタルサーバー
  • GMOクラウドVPS
  • GMOクラウド専用サーバー
  • RapidSite
  • ロケットネット
  • マイティーサーバー
  • @YMC
  • サーバークイーン
  • ドメインキング
  • WADAX
  • みんなのレンタルサーバー wappy

クラウドサービス

  • ALTUS
  • GMOクラウド public
  • GMOクラウド private

セキュリティサービス

  • GlobalSign

ドメイン、オプション、初期費用は対象外というところがポイントです。

これらのサービスの中でサーバークイーンとwappyのレンタルサーバーを使ってみましたが、初心者にはとても使いにくかったので、やめてしまいました。現在はエックスサーバーを利用しています。

ドメインも優待の対象であれば良いのですが、残念です。

GMOクラウド(3788)についての総評

  • 株価(3,050円)★★★★☆:4,000円超えた時期もありました
  • 配当金(0.78%)★☆☆☆☆:もう少し欲しいところ
  • 優待内容 ★★★★☆:手数料は助かっています
  • 参考指標:PER 63.8倍、PBR 7.27倍
  • 総合得点(15点満点):9点

※ データは2017年10月4日終値時のものです

GMOクラウドの株主優待は、フル活用すると8,000円分+α(GMOクラウドの買付手数料)の価値があります。

株価が4,000円を越えていた時に売るべきでしたが、それができずに現在も保有中です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク