ロボットを材料に株価上昇 博展の株主優待クオカード

スポンサーリンク

博展(2173)の株主優待内容

博展の株主優待権利確定日は3月末日の年1回です。100株以上の保有で株主優待をもらうことができます。

博展の株主優待は、100株以上一律でオリジナルのクオカード500円分がもらえます。

シンプルでかっこ良さげなクオカードです。

1/30より連日のストップ高

博展の関連会社にタケロボというロボット関連の会社があるそうです。そこのロボットが好材料となり、1/30、1/31と連日のストップ高をつけました。

1/31の終値では収束してしまい、2/1,2と下げてしまったので、もうお祭りは終わりなのかもしれません。ただいつもは静かな銘柄なので、驚きました。

ただ、過去のチャートを見るともっと上がったときもあったんですね。ここで終わらず、もっと上がって欲しいです。

配当は安定しています

配当はここ数年年間14円が続いています。配当利回りは約2.2%とまあまあの水準です。

今後の方針

 

株式を購入または保有継続する際の配当利回りの目安を2%、優待利回りの目安を1%とすると、今回の急な株価上昇により優待利回りは下回ってしまいました。

ひょっとしたらもっと株価が上がるのではという期待をこめて継続して保有の予定です。

博展(2173)についての総評

  • 株価(625円)★★★★☆:さてこれからどうなるか
  • 配当金(2.2%)★★★★☆:まあまあ良いです
  • 優待内容 ★★★☆☆:株価が上がり利回りは低下
  • 参考指標:PER 34.0倍、PBR 2.26倍
  • 総合得点(15点満点):11点

※ データは平成29年2月2日終値時のものです

今回のように株価が上がった場合には売却するのが正解なのでしょうが、いつもタイミングを逃してしまいます。逆に売った場合には、上がっていきます。だめですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク