主幹事でIPOの当選 珍しすぎて公募割れの予感がします

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年2回目のIPO当選

主幹事とSBI証券だけですが、毎回IPOの申し込みを行っています。時々忘れることもありますが。

ようやく2019年2回目の当選をいただきました。

ちなみに1回目は大和証券から「コプロホールディングス」の当選をいただき、素直に初値で売却。

http://yochobo.net/ipo-copro/

3万円少々の利益を得ることが出来ました。

そして、今回はなんとあの野村証券(申し込みはネット&コールでしました)が当選をくれました。皆さん野村証券は当たりにくいという評判ですが、私も同じ印象です。

事前の評価が高いIPO銘柄になればなおさら当たる確率は低いのだと思います。

そんな野村証券がくれるIPO銘柄なんかはあまり良い予感がしません。申し込んでおいて、そして当選しておいてこんなことを言うのはおかしいですが、当選したということは公募割れする不人気銘柄のような気がします。

それくらい野村で当選するのは珍しいことのように思います。

とは言え、久しぶりのIPO当選は嬉しいものです。

Sansan(4443)の上場について

仮条件は4,000円~4,500円でしたが、公募価格は上限の4,500円に決まっています。値嵩株ですね、大けがする可能性もありそう。

売り出し株数は750万株とのこと。かなり多いですね。

少し持ち直してきたとは言え、相場環境も良い状況とは言えません。

日本グランデと同日の上場です。日本グランデは札証なので、これはあまり影響ないかな。

と、色々あげると良いところが少なそうに見えます。

買うか、辞退か

こういう場合は辞退するのが賢いのでしょうね。

突撃したソフトバンクはまだ含み損を抱えたまま保有中です。

しかし、せっかくあの野村が弱小株主にくれたIPOの当選なので、ありがたく受け取って購入したいと思います。

上場してダメだったら、大事に保有させていただこうと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IPO
wpmasterをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マイホームへの道」株主優待・ふるさと納税で豊かな生活
タイトルとURLをコピーしました