京阪神ビルディングの株主優待 2年以上の継続保有で優待アップ

スポンサーリンク

京阪神ビルディング(8818)の株主優待内容

京阪神ビルディングの株主優待権利確定日は3月末日の年1回です。100株以上の保有で株主優待をもらうことができます。

株主優待の内容はおこめ券で、保有株数と期間により枚数が決まります。

保有株数によって3段階に区分されており、2年以上の継続保有で優待がアップします。

保有期間2年未満

・100株以上1,000株未満:おこめ券1kg分
・1,000株以上5,000株未満:おこめ券5kg分
・5,000株以上:おこめ券10kg分

保有期間2年以上

・100株以上1,000株未満:おこめ券2kg分
・1,000株以上5,000株未満:おこめ券7kg分
・5,000株以上:おこめ券15kg分

2年以上の継続保有で、100株以上1,000株未満は1kg分、1,000株以上5,000株未満は2kg分、5,000株以上は5kg分のおこめ券の枚数増となります。

優待利回りは100株がベスト

1,000株、5,000株と増えるにつれ、おこめ券の枚数も増えますが、100株保有の場合が最も良い利回りとなります。

100株を2年未満保有だとおこめ券1枚なので優待利回りは1%未満ですが、2年以上になると2枚に増えるので優待利回りは1.4%とまあまあの水準になります。

配当は増加傾向

配当は毎年連続してというわけではありませんが、少しずつ増えています。

 年間配当
2013年14
2014年14
2015年15
2016年16
2017年(予想)16

配当性向の計画は約30%とのことです。配当利回りは2.7%となかなか良い方です。

今後の方針

株式を購入または売却する際の配当利回りの目安を2%、優待利回りの目安を1%とすると、2年以上継続保有しているのでどちらも上回っています。

6万円台の銘柄なので、このまま保有していても問題ないかなと思っています。

京阪神ビルディング(8818)についての総評

  • 株価(609円)★★★☆☆:安定しています
  • 配当金(2.74%)★★★★☆:まあまあ良いです
  • 優待内容 ★★★☆☆:2年未満だと少なめです
  • 参考指標:PER 10.6倍、PBR 0.58倍
  • 総合得点(15点満点):10点

※ データは平成29年1月24日終値時のものです

京阪神ビルディングの株主優待はおこめ券で、それほど目立つ銘柄ではありません。

ただ、2年以上継続して保有すれば、優待の利回りも良くなるので、持っておいても悪くない銘柄だと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク