木曽路の株主優待はランチで使うのにちょうど良い

スポンサーリンク

木曽路(8160)の株主優待内容

木曽路の株主優待権利確定日は3月末日、9月末日の年2回です。

100株以上の保有で、グループ店舗で使用できる食事券がもらえます。なお、株式保有数に応じ優待内容がアップしていきます。

100株以上、500株以上、1,000株以上の3つに区分されています。

  • 100株以上500株未満:1,600円分
  • 500株以上1,000株未満:8,000円分
  • 1,000株以上:16,000円分

優待銘柄では、保有株数が増えるにつれて優待利回りが下がるということ多いのですが、木曽路の場合は100株、500株、1,000株は同じ利回りになっています。買い増しのしがいのある銘柄です。

木曽路のグループ店舗

木曽路のグループ店舗で優待食事券を使うことができるのですが、木曽路以外にどういう店舗があるのでしょうか。

 ・木曽路(しゃぶしゃぶ、日本料理)
 ・素材屋(居酒屋)
 ・鈴のれん(和食レストラン)
 ・とりかく(鶏料理)
 ・じゃんじゃん亭(焼肉)
 ・ウノ(ワイン食堂)

店舗数では木曽路が圧倒的に多いのですが、それ以外でも使用できるというのはありがたいですね。

優待券で木曽路のランチを食べてきました

img_4224.jpg

100株保有しているので、1,600円分の食事券が送られてきます。期限があるので注意が必要です。以前使いそびれたことがあり、悲しい思いをしました。

img_3079.jpg

1,600円の食事券だとランチを食べに行くとうまく使うことができます。「すきやき定食」が1,500円(税込1,620円)なので、これを注文することが多いです。お肉の量もちょうどいいか、少し多いくらいです。味にも満足です。

ご飯は白米と十六穀米が選ぶことができ、お代わりもできるので、おなかいっぱいになります。

木曽路はしゃぶしゃぶのお店ですが、すき焼きもおいしいです。「すき焼き定食」のほかには「馬籠」という和定食も1,500円なので優待券を使うにはおすすめです。

img_3080.jpg

木曽路(8160)についての総評

  • 株価(2,237円)★★★☆☆:緩やかに上昇
  • 配当金(0.63%)★★★★☆:少ないです
  • 優待内容 ★★★☆☆:半年に一回すき焼き定食を食べに行っています
  • 参考指標:PER 643.9倍、PBR 2.07倍
  • 総合得点(15点満点):10点

※ データは平成28年9月15日終値時のものです

牛肉の産地偽装問題から数年たちました。さすがに木曽路ではしてはいないでしょうが、他の会社でも時々同じような問題が忘れた頃に出てきます。残念ながら無くなる事はないのでしょうね。

お昼に食べることができる「すき焼き定食」や「馬籠」は1500円なので、優待券を使うにはちょうどいいです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク