日本フィルコンの株主優待 赤ワインは200株以上から

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本フィルコン(5942)の優待内容

日本フィルコン(5942)の優待権利獲得日は11月末日の年1回です。100株以上の株式保有で株主優待がもらえます。

2017年、2020年に優待内容の変更がありました

2016年まで

・100株以上1,000株未満:1,000円相当のワイン
・1,000株以上:2,000円相当のワイン

2017年から2019年まで

保有期間が1年未満の場合
・100株以上1,000株未満:500円分のクオカード
・1,000株以上:1,000円分のクオカード

保有期間が1年以上の場合
・100株以上1,000株未満:1,000円相当のワイン
・1,000株以上:2,000円相当のワイン

ワインをもらうためには1年以上の継続保有が必要となりました。また、1年未満の場合は優待額が半分に減ってしまいます。

2020年から

保有期間が1年未満の場合:なし

保有期間が1年以上の場合
・100株以上200株未満:500円分のクオカード
・200株以上1,000株未満:ワイン1本
・1,000株以上:ワイン1本(限定品)

1年未満だともらえなくなってしまい、さらに継続保有していても100株だとワインがもらえなくなってしまいました。

次の変更は廃止と予想します。

100株のままで買い増しはせず、2020年はクオカードをもらいました。

なぜ株主優待がワイン?

日本フィルコンは産業用機能フィルター・コンベア事業や電子部材・フォトマスク事業を主とした企業で、ワインとは縁もゆかりも無さそうですが、なぜ優待品がワインなのでしょうか。

それは日本フィルコンには『フィルコンサービス』という子会社があり、この子会社がワインの輸入販売を手がけているからです。

フィルコンサービスはオレゴン州とワシントン州で作られたノースウエストワインを専門に取り扱っている企業とのことです。

2019年分「STONE CAP CABERNET SAUVIGNON 2017」

2019年分の優待は3月19日に届きました。

2017年以来のCABERNET SAUVIGNONです。

2018年分「STONE CAP MERLOT 2016」

2018年分の優待は3月22日に届きました。

2016年、2017年分「STONE CAP CABERNET SAUVIGNON 2015」

今年はCABERNET SAUVIGNONでした。日本フィルコンの優待ワインが入っている箱が結構おしゃれな感じで好きです。

2017年分の優待は前年と同じ「STONE CAP CABERNET SAUVIGNON 2015」でした。この年のブドウが良く取れたのか、それとも2016年があまり取れなかったからなのでしょうか。

2015年分「STONE CAP MERLOT 2014」

img_3571.jpg img_3572.jpg

前年度に引き続きSTONE CAPというワイナリーの赤ワインです。ブドウの品種はメルローで2014年のものです。

ミディアムボディなのですが、深みがあって飲みやすい美味しいワインでした。

2014年「STONE CAP CABERNET SAUVIGNON 2013」

2014年に届いた32個目の株主優待品です。

IMG_0923.JPG  IMG_0924.JPG

STONECAPというワシントン州にあるワイナリーで作られた赤ワインです。ブドウの品種はカベルネ ソーヴィニョンで2013年のものです。

肉料理にぴったり合うような赤ワインで1,000円相当という価格以上の美味しさでした。

日本フィルコン(5942)についての総評

・株価(509円):だいたいこれくらい
・配当金(2.36%)★★★☆☆:標準レベル
・株主優待 ★★★☆☆:さらなる改悪が予想されます

総合得点(10点満点):6点

※ データは2021年3月12日終値のものです

日本フィルコンの優待制度は改悪が続いています。

さて、現在の制度はいつまで継続してくれるのか。それとも廃止になってしまうのか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
11月 株主優待
wpmasterをフォローする
投資と複業でハーフリタイア生活
タイトルとURLをコピーしました