日信工業の株主優待 今回はいつもと違う商品でした

スポンサーリンク

日信工業(7230)の株主優待内容

日信工業の株主優待権利確定日は3月末日、9月末日の年2回です。300株以上の保有で株主優待をもらうことができます。単元株数は100株なのですが、株主優待に必要な株数は300株以上なので注意が必要です。

保有株数によって、以下の金額相当の優待品がもらえます。

・300株以上1,000株未満:3,000円相当の商品
・1,000株以上:5,000円相当の商品

1,000株まで増えると優待でもらえる商品内容がアップしますが、利回りは300株保有の方が良いです。

日信工業 300株以上1,000株未満の株主優待

300株保有しているので、毎回3,000円相当の商品をいただいていますが、3月分はロースハムと苺グラッセのセット、9月分はロースハムと栗かのこのセットというのが続いていました。

ロースハムはどちらの月でも入っています。このロースハムが美味しくて大好きです。

2016年9月分

9月分はロースハムと栗かのこのセットです。ここ数年変わりなしの組み合わせです。

2016年分は大河ドラマ「真田丸」の影響か、六文銭の小さなバッグに栗かのこが入っていました。これまではこのようなことはなかったと思います。

日信工業は本社が長野県ですし、こういうのは良いですね。

しかし、栗かのこは甘すぎるので苦手です。他の商品に変わったらうれしいですね。

2017年3月分

3月分はロースハムと苺グラッセのセットです。これもまた9月分と同じように不動の組み合わせです。

日信工業の株主優待はこのロースハムがとにかく美味しくて、これを毎回楽しみにしています。

2017年9月分

9月はいつもロースハムと栗かのこだったのですが、2017年は商品が変わりました。

・ロースハム
・プラス糀 生塩糀
・西之門酒蔵 吟醸甘酒

ロースハムは同じですが、栗かのこから生塩糀と甘酒に変わりました。どちらも信州の特産品とのことです。

優待の到着日

2017年3月分:7月5日
2017年9月分:12月27日

配当について

2017年3月期は前期より2.5円増の年間45円でした。2018年3月期は変わらず45円の予想となっています。

日信工業(7230)についての総評

  • 株価(2,205円)★★★★☆:少し上昇傾向
  • 配当金(2.04%)★★★☆☆:まあまあ
  • 優待内容 ★★★☆☆:3月はどうなるか楽しみです
  • 参考指標:PER 24.0倍、PBR 0.81倍
  • 総合得点(15点満点):10点

※ データは2017年12月28日終値時のものです

半年に一度のロースハムを楽しみにしています。美味しいのですぐになくなってしまいます。配当も悪くないので、今後も継続保有の予定です。

いつも同じ優待品でしたが、2017年9月分は違う商品になりました。2018年3月分の優待品はどうなるでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク