東証1部昇格の大阪工機から株主優待 海外特産品のカタログ

株主優待制度導入し東証1部へ

大阪工機は平成26年12月に株主優待制度の導入を発表。「投資の魅力を高め、中長期的に株式を保有する株主の増加」を目的に導入したとのことですが、簡単に言えば東証1部へ昇格することが大きな目的だったと思われます。

平成27年5月にJASDAQから東証2部へ、平成28年6月に東証2部から東証1部への市場変更となりました。東証1部への変更が発表されて以降、株価が上昇したので、そこが売り時だったかもしれません。今は以前の水準に戻っています。

スポンサーリンク

大阪工機(3173)の株主優待内容

大阪工機の優待権利獲得日は3月末日の年1回です。保有株式数に応じ、大阪工機が進出している世界各国の特産品がもらえます。

  • 200株以上2,000株未満:2,000円相当の海外特産品
  • 2,000株以上:4,000円相当の海外特産品

優待目当てであれば、200株の保有がお得です。

大阪工機 200株保有時の優待カタログ

優待品がのっているカタログが送られてくるので、そこから1品選択できます。大阪工機が進出しているアジア、北中米8か国(タイ、アメリカ、中国、フィリピン、メキシコ、ベトナム、インドネシア、インド)に日本を加えた9か国の特産品からの選択です。

img_4300.jpg img_4301.jpg

  • 日本:大阪 栗きんつば12個入り
  • タイ:ぞうさんアロマお香 5コセット
  • アメリカ:デビッドリオ エレファントバニラチャイ
  • 中国:北京 ジャスミン茶 3箱セット
  • フィリピン:ピリナッツ2種セット
  • メキシコ:クッキー2袋セット
  • ベトナム:ベトナムフォー2種10袋セット
  • インドネシア:バリ レイヤーケーキ
  • インド:マイソール サンダルソープ2コセット

平成28年から日本とアメリカの特産品が追加されました。なかなか独特な商品が揃っているカタログです。選ぶのに結構迷います。

北京 ジャスミン茶3箱セット

img_4302.jpg

前の年とは違うものを選ぼうということで中国のジャスミンティーを選びました。福建省産の1級ジャスミン茶葉を使用しているティーバッグです。良い香りがして美味しいお茶でした。

ベトナムフォー

IMG_1914-0.jpg

平成27年に届いた222個目の株主優待です。ベトナムのフォーを選びました。チキン味とエビ&カニ味をそれぞれ5食ずつです。インスタントなのですが、結構おいしいです。

大阪工機(3173)についての総評

株価(700円):★★★☆☆ 一時上がったのですが、また下がってきました
配当金(3.0%):★★★★★ 優待銘柄の中では良い配当利回りです
株主優待:★★★☆☆ 1品選ぶのに迷うカタログです

総合得点(15点満点):11点

※ データは平成28年8月26日終値時のものです

平成27年の優待では7か国の特産品からの選択でしたが、平成28年にアメリカに進出したため、アメリカと日本の2か国の特産品が増えて9つの商品からの選択になりました。

このカタログに載っている商品が2,000円相当かと言われると、それ程でもないような気がしますが、他の優待とは一味違うカタログなので面白いと思います。今後も進出する国が増えて、選べる優待品が増えると良いですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク