ヤマシタヘルスケアHDの株主優待 3年以上の継続保有までは低めの利回りで我慢

山下医科器械からヤマシタヘルスケアHDになり優待制度も変更に

2017年12月1日を期日として山下医科器械の株式移転により純粋持株会社ヤマシタヘルスケアホールディングスとして設立されました。山下医科器械はそれにより上場廃止になっています。

そして、山下医科器械からヤマシタヘルスケアHDになったことに伴い、優待制度が変更になっています。

正確に言うと、ヤマシタヘルスケアHDが株主優待制度を新設したという形になっていますが、山下医科器械から保有している株主にとっては変更と言えると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤマシタヘルスケアホールディングス(9265)の株主優待内容

前述の通り、2018年分から優待制度が変更になっています。

変更前(2017年まで)

株主優待権利確定日:5月末日と11月末日の年2回

優待内容:
・100株以上1,000株未満:500円相当のクオカード
・1,000株以上2,000株未満:1,000円相当のクオカード
・2,000株以上:1,500円相当のクオカード

変更後(2018年から)

株主優待権利確定日:5月末日の年1回

優待内容:
(保有期間1年未満)
・100株以上1,000株未満:500円相当のクオカード
・1,000株以上2,000株未満:1,000円相当のクオカード
・2,000株以上:1,500円相当のクオカード

(保有期間1年以上3年未満
・100株以上1,000株未満:1,000円相当のクオカード
・1,000株以上2,000株未満:2,000円相当のクオカード
・2,000株以上:3,000円相当のクオカード

(保有期間3年以上)
・100株以上1,000株未満:1,500円相当のクオカード
・1,000株以上2,000株未満:3,000円相当のクオカード
・2,000株以上:4,500円相当のクオカード

年2回だったのが年1回になり、保有期間が長くなると優待内容がアップするという変更がありました。

また、継続保有の起算日は2018年5月末日からとのこと。ということで2018年分の優待は山下医科器械時代の半分になってしまいました。

山下医科器械の時からの保有期間も考慮に入れてほしかったです。

3年以上になると以前よりは拡充されたことになります。

ヤマシタヘルスケアHDの優待品

2018年分(500円のクオカード)

2019年分(1,000円のクオカード)

1年以上の継続保有となったので、500円から1,000円に増額となりました。

株主優待の到着日

2017年5月分:9月1日
2017年11月分:2月17日
2018年分:8月31日
2019年分:8月30日

配当金について

2018年5月期:26円
2019年5月期:42円
2020年5月期(予想):32円

ヤマシタヘルスケアホールディングス(9265)についての総評

    • 株価(1,221円)★★☆☆☆:冴えません
    • 配当金(2.62%)★★★☆☆:良い時より減っています
    • 優待内容 ★★☆☆☆:3年以上になるまでは我慢が必要

  • 総合得点(15点満点):7点

※ データは2019年8月30日終値時のものです

100株を3年以上継続保有すると、ようやく優待の利回りが1%を越えます。そうは言っても、すごく利回りが良くなるわけではありません。

3年待つほど魅力的な優待内容ではないように思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
5月株主優待クオカード
wpmasterをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マイホームへの道」株主優待・ふるさと納税で豊かな生活
タイトルとURLをコピーしました