ゼットンから株主優待 今回から優待内容変更 食事券のみに

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゼットン(3057)の株主優待内容

ゼットンの株主優待権利確定日は2月末日の年1回です。100株以上の保有で株主優待をもらうことができます。

2019年分から優待内容の変更がありました。

変更前(2018年分まで)

  • 株主様ご優待お食事券
  • ・100株以上300株未満:2,000円分
    ・300株以上500株未満:6,000円分
    ・500株以上:12,000円分

  • 徳川園入場券
  • 徳川美術館入場券
  • 名古屋テレビ塔入場券
  • 横浜マリンタワー入場券

食事券だけでも優待銘柄としては十分なものですが、それに加えて各種施設の入場券も付いていました。

変更後(2019年から)

(保有期間1年未満)
・100株以上300株未満:3,000円分
・300株以上500株未満:9,000円分
・500株以上:18,000円分

(保有期間1年以上)
・100株以上300株未満:4,000円分
・300株以上500株未満:10,000円分
・500株以上:19,000円分

施設入場券がなくなり、その代わりとして優待券の額が1.5倍になりました。また、1年以上の継続保有の場合は1,000円増額となります。

施設入場券は全部で3,150円相当でした。額で言えば減っていますが、個人的には食事券が増えて良かったような、施設券の方が良かったような。絶妙な変更のように思いました。

株主様ご優待お食事券

1枚1,000円分の食事優待券です。ゼットングループ各店で利用することが出来ます。

1年以上継続保有しているので長期保有株主様ご優待お食事券1,000円も追加でもらいました。

だいたいいつも徳川園にある「蘇山荘」で利用してますが、クラシックな雰囲気でよかったです。

徳川園 入場券(2018年まで)

新緑や紅葉の時期に使っています。狭い施設ですが、たまに行くと良い気分転換になります。

徳川美術館 入場券(2018年まで)

徳川園に行ったついでに徳川美術館にも寄っています。特別展示が毎回違うので、それなりに楽しめます。

特別展示が無い期間もあるので要注意です。

名古屋テレビ塔 入場券(2018年まで)

名古屋に住んでいながら上ったことがありませんでしたが、ゼットンの株主になり初めて上りました。

お金を払ってまで上るようなタワーではありませんが、たまには上から名古屋の景色を眺めるのも良いかもしれません。

横浜マリンタワー 招待券(2018年まで)

横浜に行く機会がなく、今まで一度も使ったことがありません。銀色のチケットで他の施設よりもかっこ良い感じです。

株主優待の到着日

2018年分:5月26日
2019年分:5月30日

配当について

2020年2月期は前期に引き続き年間配当5円です。残念ながら少ないです。

ゼットン(3057)についての総評

  • 株価(908円)★★☆☆☆:ぱっとしません
  • 配当金(0.5%)★☆☆☆☆:少ないです
  • 優待内容 ★★★★☆:食事券のみに変更
  • 参考指標:PER 14.7倍、PBR 5.28倍
  • 総合得点(15点満点):7点

※ データは2019年6月10日終値時のものです

施設入場券のうち、徳川園以外は何回も行くものでもないと思っていたので、今回の変更は良かったと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2月株主優待
wpmasterをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マイホームへの道」株主優待・ふるさと納税で豊かな生活
タイトルとURLをコピーしました