ファーストコーポレーションから株主優待のクオカードが届きました

順調に東証1部へ

ファーストコーポレーションは設立が2011年6月
2015年3月、東証マザーズに上場。
2016年12月、東証1部に市場変更。

このようにとても順調にステップアップしている企業です。また、業績の方もかなり順調のようです。

スポンサーリンク

ファーストコーポレーション(1430)の株主優待内容

ファーストコーポレーションの株主優待権利確定日は11月末日の年1回です。100株以上の保有で株主優待をもらうことができます。

株主優待の内容はクオカードで、保有株数に応じ2段階に区分されています。

・100株以上10,000株未満:クオカード1,000円分
 ・10,000株以上:クオカード2,000円分

2つに区分されてはいますが、実質一律でクオカード1,000円分と言っても良いでしょう。

「こだわりの品質を、すべてはお客様のために。」という良い言葉が記されているクオカードです。

優待利回りは1%をちょっと越えるくらいなので、まあまあの水準です。

配当利回りは良い

 配当金(円)
2015年5月期8.75
2016年5月期26
2017年5月期(予想)31

ファーストコーポレーションはなかなかの高い配当利回りです。配当性向は30%を維持する方針とのことです。

今後の方針

株式を購入または売却する際の配当利回りの目安を2%、優待利回りの目安を1%とすると、ファーストコーポレーションはそれを上回っています。

東証1部への市場変更も済んでいますし、株価にどれくらいの伸び代があるのか心配ですが、しばらく保有し続けたいと思います。

ファーストコーポレーション(1730)についての総評

  • 株価(904円)★★★☆☆:最近は横ばい
  • 配当金(4.0%)★★★★★:高利回りです
  • 優待内容 ★★★☆☆:まあまあ
  • 参考指標:PER 8.5倍、PBR 4.28倍
  • 総合得点(15点満点):11点

※ データは平成29年1月19日終値時のものです

ファーストコーポレーションは貴重な11月の優待銘柄で、配当+優待利回りも悪くないので保有していても悪くない銘柄だと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク