黒潮町にふるさと納税 とにかく新鮮でおいしい! 1kg大のカツオを2尾!

高知県黒潮町に5,000円のふるさと納税

高知県は幡多郡黒潮町に5,000円のふるさと納税を行い、お礼の品として1.0kg大のカツオ2尾をいただきました。

高知と言えばカツオ、カツオと言えば高知と言われるくらい高知のカツオは有名ですが、今回黒潮町からカツオが2尾もいただけるということを知り、申し込みを行いました。

スポンサーリンク

特選 土佐 佐賀港水揚げ一本釣りカツオ1kg 2尾

今回送っていただいたお礼の品の正式名称は「特選 土佐 佐賀港水揚げ一本釣りカツオ 1.0kg前後 2尾」です。その名の通り、土佐沖で一本釣りされたカツオを新鮮な状態で送ってくれます。

冷蔵配送のため電話で到着日を決定

冷蔵配送で新鮮な状態で送ってくれるので確実に受け取らなくてはなりません。そのため送る前に電話をしてくれますので、その時にカツオの到着日を決めます。

img_4999.jpg

そして待ちに待ったカツオが到着です。発泡スチロールの中に氷が入っており、しっかり冷蔵された状態で送られてきました。

サイズはめちゃくちゃ大きくはありませんが、それなりの大きさはあります。新鮮なので生臭さや嫌な臭いは全然ありません。

自分でカツオを捌かなくてはなりません

今回のカツオは鮮度保持のために下処理を行わず、そのままの状態で送られてきます。ということは自分でカツオを捌かないと食べることができないということです。

今までそんなことをしたことはありませんが、新鮮なカツオを食べるために挑戦してみました。

img_5021.jpg

一応、まな板の上にはおさまりました。シンクの長辺に平行にして置くことができないので、うまく向きを変えながら作業をしなくてはなりません。

カツオのおろし方、捌き方で検索すると動画で参考になるものがあったので、それで勉強してから始めます。

img_5030.jpg

まずは頭の部分をカットし、内臓を処理します。専用の包丁ではないので硬い所は苦戦しましたがなんとかできました。

img_5032.jpg

そして鱗を取ります。カツオの鱗は硬いですね。

img_5033.jpg

三枚におろすことができました。心配しましたが、思っていたよりも上手くいきました。

img_5034.jpg

それから骨の処理を行い、4本の柵にしました。このうち2本は刺身で、あとの2本はタタキにします。

刺身とタタキにして食べました

img_5035.jpg

刺身用の方は皮をはぎます。分厚くはがないように丁寧に行いました。結構難しいです。

img_5039.jpg

カツオの刺身 完成です!

img_5037.jpg

タタキの方はフライパンで焼きました。バーナーがあればいいのでしょうが、我が家にはありませんのでフライパンで代用。

img_5038.jpg

焼き目をつけてから氷水で冷やします。

img_5040.jpg

カツオのたたき 完成です!

美味しいカツオでした!

今の時期のカツオは戻りガツオで、脂が乗っているとのこと。頑張って捌いたカツオ。食べるのが楽しみです。

ショウガ、ネギ、にんにく、みょうが、醤油、ポン酢など色々な種類の薬味でカツオの刺身とタタキを食べました。

img_5041.jpg

身がもちもちして、脂が程よく乗っていてとても美味しいカツオでした。どの食べ方をしても美味しく食べることができます。自分で捌いたので、より美味しく感じるのかもしれません。

最初は心配していましたが、カツオを捌くという経験もでき、新鮮で美味しいカツオを食べることもできるという二重でお得なふるさと納税でした。おすすめです。

黒潮町へのふるさと納税 まとめ

  • 高知県黒潮町にふるさと納税5,000円行いました
  • 土佐沖で一本釣りされたカツオ2尾をいただきました
  • 冷蔵配送で新鮮な状態で送ってくれます
  • 事前に電話で到着日を相談します
  • カツオを捌くことは何とかできました
  • 捌く苦労なんて吹き飛ぶ美味しさです!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク