吉野川市にふるさと納税1万円を行い、四国三郎牛700gをいただきました

平成27年のことですが、徳島県吉野川市に10,000円のふるさと納税を行いました。そのお礼の品として宮崎牛(すき焼き用)を700gいただきました。

11月末か12月初めに納税の手続きを行ったのですが、大変人気があるようでこの時期の到着となりました。

スポンサーリンク

四国三郎牛 モモ切り落とし 700g

今回吉野川市にふるさと納税を行った理由は、四国三郎牛というその土地のブランド牛を700gも送ってくださるからです。それも冷蔵便での配送というところがポイントです。

img_3408.jpg

四国三郎牛

今回送っていただいた「四国三郎牛」の「四国三郎」とは何のことかとふと疑問に思いました。四国というのは徳島県なので疑問はないのですが、はたして三郎とは何のことなのでしょう。


調べてみますと、四国三郎とは愛媛県を源流とし、高知県、徳島県を東西に流れる一級河川「吉野川」のこととのことです。「坂東太郎」と呼ばれる関東の利根川、「筑紫次郎」と呼ばれる九州の「筑後川」のような愛称として名づけられているとのことです。

その大河「吉野川」の名にあやかり、徳島県内の厳選された農家で育てられた牛を「四国三郎牛」と名付けているそうです。四国三郎牛は吉野川市ならではのお礼の品ですね。

モモ肉 切り落とし

img_3409.jpg

1万円でいただける吉野川市のお礼の品の中で、牛肉は、次の2種類があります。
・四国三郎牛・モモ切り落とし700g
・四国三郎牛・モモすき焼き用500g

切り落とし700gとすき焼き用500g。
しっかりとしたお肉を食べたいのであればすき焼き用なのですが、700gという量に魅かれて今回は切り落としの方を選びました。上の写真を見て分かるように、箱の中にぎっしりお肉が入っていて、すごいボリュームです。

牛肉の赤身の美味しさが十分に味わえます

img_3411.jpg

さっそく焼いていただきました。切り落としなので細切れになりやすいのですが、そこは700gという量があるので、贅沢にたくさん焼くことができるのであまり気になりません。

img_3412.jpg

今回いただいた四国三郎牛の特徴は脂身がそれ程多くないということです。その分赤身の美味しさが際立ちます。かめばかむほどお肉の美味しい味が口の中に広がります。これが牛肉本来の美味しさなんだなあと思いながらいただきました。

四国三郎牛。あまり徳島県は鶏肉が有名で、牛肉のイメージはなかったのですが、今回このお肉をいただいたことで徳島にも美味しい牛肉があるということを知ることができました。

吉野川市へのふるさと納税1万円 四国三郎牛のまとめ


・冷蔵便でおくってくれます
・切り落とし肉ですが700グラムも送ってくれます
・脂身が少ない分、牛肉本来の赤身の美味しさを味わうことができます

・残念な点は、到着日の指定ができないことです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク