GMOアドパートナーズの株主優待 今なら8年で元が取れます

スポンサーリンク

GMOアドパートナーズ(4784)の株主優待内容

GMOアドパートナーズの株主優待権利獲得日は6月末日と12月末日の年2回です。

100株以上の保有で、

  1. GMOクリック証券におけるGMOアドパートナーズの株式の買付手数料相当額をキャッシュバック(現物買、信用新規買、信用返済買)
  2. GMOクリック証券における売買手数料について、3,000円を上限に取引手数料相当額をキャッシュバック(現物取引、信用取引、先物・オプション取引、FXネオ取引、くりっく365取引)

です。

優待適応の期間

12月末の権利で翌年の4月1日~9月30日
6月末の権利で同年10月1日~翌年3月31日

の期間が優待適応となります。

他のGMOグループ銘柄と比較

GMOインターネット、GMOクラウド、GMOペパボ、GMOクリックHDにも同様の株主優待があります。

その中でもGMOアドパートナーズの株主優待は必要な資金が4万円台、利回りが約13%と他を圧倒しています。

GMOクリック証券を利用している人にとっては、おすすめの銘柄だと思います。

配当について

2016年から株主に対するさらなる利益還元を目的とし、配当性向が35%から50%にあげるという配当方針になりました。

それは良かったのですが、2017年3月に2016年12月分の配当が無しになるという発表がありました。

なかなかいい加減な会社です。優待利回りがこれ程高いのに、株価が上がらないのにはちゃんと理由があるようです。

GMOアドパートナーズ(4784)についての総評

  • 株価(440円) ★☆☆☆☆:駄目ですね
  • 配当金(なし) ☆☆☆☆☆:2016年は無配に
  • 優待内容 ★★★★★:優待利回りは最高レベル
  • 参考指標:PER 52.3倍、PBR 1.55倍
  • 総合得点(15点満点):6点

※ データは2017年4月11日終値時のものです

GMOクリック証券を利用していれば年間6,000円の売買手数料キャッシュバックはかなり魅力的です。

株主優待制度が続いていると仮定すると8年で元が取れることになります。あくまでも優待が続いていればですが。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク