立会外分売で配分をもらった3銘柄を売却

スポンサーリンク

3/2 日経平均 年初来高値

昨日のアメリカ市場の流れを受け、今日の日経平均は朝から好調。年初来高値を更新し、終値は昨日比+171.26の19,564.80円でした。

ここがチャンスとばかりに立会外分売で配分をもらっていたアバント、明豊ファシリティワークス、一蔵を売却しました。九州リースサービスの株価も上がっていましたが、もうちょっと我慢して持っておくことにしました。

アバント(3836)

2/15に立会外分売があったアバンテ。楽天証券と松井証券で100株ずつ、合計200株の配分がありました。

分売価格は882円。分売当日の株価は好調で、その日の最高値は929円で終値は910円でした。

920円台で売るチャンスがあったのですが、そこを逃してしまい分売当日は売れず。

その後はどんどん下げてしまい、とうとう882円を割り込んでしまいました。しばらく分売価格を割っている状態が続きましたが、ようやく今日売却できました。

売却価格は895円、今日の最高値が896円なので、今日の中では良い値で売ることができました。しかし当日か翌日くらいで売っておけば、もっと良かったので残念です。欲張ったのがいけませんでした。

それでも利益が出ただけでもラッキーでした。(+2,600円)

明豊ファシリティワークス(1717)

2/28に立会外分売があった明豊ファシリティワークス。マネックス証券、楽天証券、野村ネット&コールで100株ずつの合計300株の配分をもらいました。

分売価格は358円で、200株は370円で売却。本日、残りの100株を373円で売却しました。(+1,500円)

今日の最高値が384円でしたが、これは仕方がありません。一応、納得しています。

一蔵(6186)

ちょっと古い話ですが、昨年11月に分売が行われた一蔵。マネックス証券で100株の配分をもらいました。

分売価格は1,194円で、その後株価はぐんぐん上がっていきました。12月には1,400円台後半まで上がり、これはうまくいったと思っていました。

しかし、またもや売り時を逃し、だらだらしてる間に1,250円を割り込むまで下がってしまいました。こうなるとどこで売っていいかよく分からなくなり、今日結構上げていたので1,340円で売却しました。(+14,600円)

動くときは大きく動く銘柄なので、明日以降もっと上がる可能性はあると思いますが、これで良いことにします。

2016年の損益通算

今日の取引で18,700円の利益を得ることができました。もっと早めに決着をつけておけば良かったというのが反省点ですね。

これで今年の損益通算は+1,593,400円となりました。

しかし、日本が良くて日本の株が上がっているというわけではないので、落ちるときは早いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク