【年初来高値更新】割高と判断した株主優待銘柄を3つ売却

スポンサーリンク

年初来高値更新した3銘柄を売却

先週は年初来高値を更新した株主優待銘柄を3つ売却しました。年初来高値を更新した後、さらに株価が上がるというパターンも多いのですが、今回は優待内容が株価に見合ってないような銘柄を売却しました。

柿安本店(2294)

柿安本店の株主優待は、100株保有で株主優待利用券(1,000円相当)を1枚もらえます。

現在の株価で優待利回りを計算すると0.37%。配当と合わせると約2.0%という水準です。チャートを見ると。これからまだまだ上がりそうな感じはありますが、売却しておきました。

購入価格は977円
売却価格は2,627円

100株なので165,000円の利益確定です。

綿半ホールディングス(3199)

綿半ホールディングスの株主優待は100株以上の保有で、
・2,000円相当の長野県特産品
・2,000円相当の綿半ホームエイドPB商品詰合せ
・ブルーカードポイント2倍
からの選択です。

2,000円相当の品を選ぶとして、その場合の優待利回りは0.6%です。配当と合わせた利回りは1.46%という水準です。

綿半ホールディングスもチャートを見ると、かなり勢いがある感じですが、優待権利日は9月末日とまだ先なので売却という判断になりました。

購入価格は990円
売却価格は3,140円

100株なので215,000円の利益確定です。

トラスコ中山(9830)

トラスコ中山の株主優待内容は、100株の保有で5,000円相当の自社商品です。トラスコ中山は200株保有していたので、そのうちの100株を売却しました。

購入価格は1,128円
売却価格は3,395円

100株なので226,700円の利益確定です。

2017年の損益通算

3銘柄を売却して606,700円の利益確定です。これで今年の損益通算は+15,257,500円となりました。

今年は株価の大きな下落がなく無風の一年で終わりそうです。来年は今年と同じようにいくといいのですが。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク