高島屋の株主優待 保有株数により限度額が変わります

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高島屋(8233)の株主優待内容

2019年2月分から内容変更

高島屋は2018年9月1日から
・単元株の変更:1,000株から100株に
・株式併合:2株を1株に
・優待内容の変更
が行われました。

これにより優待に必要な最低資金が以前よりも少なくなり、優待権利を取りやすくなりました。

変更前(2018年8月分まで)

・株主優待権利確定日:2月末日、8月末日の年2回

・1,000株以上:株主優待カード(利用限度額なし、自社店舗で一部を除く商品が10%割引、3人まで文化催事の入場料無料)

変更後(2019年2月から)

・株主優待権利確定日:2月末日、8月末日の年2回

・100株以上500株未満(併合前200株以上1,000株未満):株主優待カード(利用限度額30万円、自社店舗で一部を除く商品が10%割引、3人まで文化催事の入場料無料)
・500株以上(併合前1,000株以上):株主優待カード(利用限度額なし、自社店舗で一部を除く商品が10%割引、3人まで文化催事の入場料無料)

株式併合前200株以上で優待をもらえるようになったので、以前の5分の1の株数でもらえるようになったということです。その場合、利用限度額が30万円ですが、私にはこれで十分です。

株主優待の到着日

2019年2月分:5月25日
2019年8月分:11月19日
2020年2月分:5月19日

高島屋(8233)についての総評

    • 株価(981円):低迷中
    • 配当金(2.45%)★★☆☆☆:標準レベル
    • 優待内容 ★★★☆☆:100株保有で最大3万円の割引

    • 参考指標:PBR 0.38倍

  • 総合得点(10点満点):5点

※ データは2020年5月21日終値時のものです

優待に必要な株数が5分の1になり、2019年2月分から優待を取得しやすくなりました。

10%の割引カードなので、たくさん使えばより有用な優待となります。

ただ株価の方は悲惨なことになっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2月 8月 株主優待
wpmasterをフォローする
投資と複業でハーフリタイア生活
タイトルとURLをコピーしました