タマホームの株主優待 制度変更により優待割引券が廃止に

2019年5月分から優待制度の変更

2019年3月12日に優待制度の変更について発表がありました。

変更点は2点

・住宅の購入時またはリフォーム時に利用できる割引券の廃止
・長期継続保有優遇制度の廃止

割引券の廃止は良いとしても、長期優遇制度の廃止はいただけません。

廃止の理由は、

「配当金による利益還元をより充実させていくことが適切であるとの判断」とのことで、期末配当が1円増えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タマホーム(1419)の株主優待内容

前述の通り、2019年5月分からタマホームの優待内容に変更がありました。

変更前(2018年まで)

株主優待権利確定日:5月末日、11月末日の年2回

優待の内容は2種類で、そのうち1つを選択します。

・タマホームグループで利用できる優待券
・タマホーム株主限定のオリジナルクオカード

どちらの場合でも保有株数と保有期間により、内容が異なります。

タマホームで利用できる優待券

タマホームグループで利用可能な優待券です。住宅購入やリフォームが割引になる優待券なので、利用できればかなり大きな優待額になるでしょう。

(保有期間3年未満)
・100株以上1,000株未満:1%割引
・1,000株以上10,000株未満:2%割引
・10,000株以上:3%割引

(保有期間3年以上)
・100株以上1,000株未満:2%割引
・1,000株以上10,000株未満:4%割引
・10,000株以上:6%割引

住宅購入やリフォームは額が額だけに1%の割引でも大きいです。保有期間が3年以上になると割引額が2倍になります。

クオカード

住宅購入やリフォームの機会はなかなかないと思うので、一般的にはクオカードを選ぶことが多いでしょう。

(保有期間3年未満)
・100株以上:クオカード500円分

(保有期間3年以上)
・100株以上:クオカード1,000円分

3年以上の継続保有でクオカードの額が2倍にアップします。

変更後

株主優待権利確定日:5月末日、11月末日の年2回

100株以上の保有でクオカード500円

住宅の購入時またはリフォーム時に利用できる割引券は選べなくなり、長期継続保有優遇制度も廃止になりました。

長期継続優遇がなくなったのは痛いです。

2019年5月分 水樹奈々 クオカード

どなたか存じ上げていなかったのですが、調べたところ声優の水樹奈々さんとのことでした。

タマホームの優待利回りは?

現在の株価(1,547円)で年間の優待利回りを計算してみます。

100株保有時の優待利回りは、0.64%。

全然満足できる水準ではありません。

株主優待の到着日

2019年5月分:8月30日

タマホーム(1419)についての総評

    • 株価(1,547円)★★★★☆:好調です
    • 配当金(3.88%)★★★★☆:高配当
    • 優待内容 ★★☆☆☆:優待利回りは低いです

    • 参考指標:PER 10.8倍、PBR 2.5倍

  • 総合得点(15点満点):10点

※ データは2019年8月30日終値時のものです

優待制度改悪と増配がセットで発表されましたが、改悪に見合う増額ではありませんでした。今後に期待します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
5月11月株主優待クオカード
wpmasterをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「マイホームへの道」株主優待・ふるさと納税で豊かな生活
タイトルとURLをコピーしました