ワタミ 有効期限ぎりぎりの株主優待券を使ってきました

スポンサーリンク

ワタミ(7522)の株主優待内容

ワタミの株主優待権利確定日は3月末日、9月末日の年2回です。100株以上の保有で株主優待をもらうことができます。

株主優待の内容はグループ店舗などで利用できる優待券です。優待券は1枚500円で、保有株数により以下の額をもらうことができます。

・100株以上300株未満:3,000円分(500円6枚)
・300株以上500株未満:6,000円分(500円12枚)
・500株以上1,000株未満:9,000円分(500円18枚)
・1,000株以上:12,000円分(500円24枚)

100株保有時が最も良い利回りで、年間約4.3%という高さです。

ただ、以前は100株で6,000円分の優待券がもらえていたことを思うと残念です。

ワタミの株主優待券 使い方

ワタミの株主優待券の利用方法は以下の通りです。

  • 自社グループ店舗での飲食
  • 宅食事業
  • ワタミファーム産直品の購入

以前はランチタイムには使えなったり、1回の会計で使えるのは2枚までと利用枚数に制限があったりと使いにくかったのですが、いまではその制限がなくなりランチでも使えるようになったので、その点は良くなっていると思います。

坐・和民に行ってきました

有効期限ぎりぎりの株主優待券を持って「坐・和民」に行ってまいりました。いつも金券ショップで優待券を処分していたので、店舗に食べに行くのは初めてです。

夕方、早めの時間に行きました。がらがらかと思いきや数組お客さんが入っていたので驚きました。

ビール一杯とおつまみになりそうなものを注文しました。メニューの品数は少なめです。この方が低コストで良いのでしょう。

一応、店内は分煙になっています。タバコを吸わない者にとって、これは大変助かります。

鯖をテーブルで炙ってくれる料理が美味しかったです。その他の料理もまあまあの水準はあると思います。

株価は改善傾向

2016年の初め頃には800円を割っていた株価が徐々に上がってきて、1,400円を超えるところまで回復してきています。

株価が安かった頃に買い増しできていたら今頃大喜びでしょうが、買い増しできずに100株のみ保有中です。

まだまだ上がって欲しいですが、それでも株価が回復してちょっと安心です。

ワタミ(7522)についての総評

  • 株価(1,385円)★★★☆☆:株価が戻ってきて一安心
  • 配当金(0.36%)★☆☆☆☆:ないよりはましというレベル
  • 優待内容 ★★★★☆:改悪してもまだ高い利回りです
  • 参考指標:PER 577.0倍、PBR 3.26倍
  • 総合得点(15点満点):8点

※ データは2017年5月31日終値時のものです

今回初めて店舗に行ってみました。悪いお店ではありませんが、数ある居酒屋さんの中で生き残るには、何か足りないような気がしました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク