日本BS放送(BS11)の株主優待は有効期限がないところが嬉しい

平成26年3月 東証2部に上場

日本BS放送は平成26年3月に上場しました。当時、IPOの申し込みをしましたが当選せず、平成26年7月に株主優待制度が新設された後に購入しました。

日本BS放送はBS11というBS放送局を運営している会社です。

スポンサーリンク

日本BS放送(9414)の株主優待内容

日本BS放送の株主優待権利確定日は2月、8月末日の年2回です。

100株以上の保有で、ビックカメラの商品券1,000円分もらえます。

ビックカメラは日本BS放送の大株主であり親会社であるため、その関係で優待もビックカメラの商品券となっています。

BS11を見ていると、しょっちゅうビックカメラのCMをやっています。

日本BS放送の優待は有効期限がありません

ビックカメラの株主優待券は有効期限があるのですが、日本BS放送の優待券には期限がありません。

有効期限の半年は思ったより早く過ぎてしまうので、期限のない日本BS放送の優待券はありがたいです。

1年以上の継続保有で8月優待が1,000円アップ

日本BS放送の株主優待には長期継続保有優遇制度があります。8月のみですが、100株以上を1年以上継続保有している株主にはビックカメラの商品券1,000円分が1枚追加になります。

img_4880.jpg

2月には残念ながら長期継続保有制度はありません。しかし、年間2,000円が3,000円にアップするのはなかなか大きいです。

BS11はどんな番組がやっているのか

BS11で多くやっている番組は何といっても韓国ドラマとテレビショッピングの放送です。日中はこのどちらかしかやっていないと言っても過言ではありません。

img_4883.jpg

私は「Zガンダム」と「プリズンブレイク」の再放送を見ています。どちらも以前に何回か見たことのある番組ですが、飽きずにまた見ています。

配当について

2017年8月期の配当は前年比1円増の18円です。利回りは高くありませんが、増配が続いているので今後に期待です。

日本BS放送(9414)についての総評

  • 株価(1,216円)★★★★☆:少しずつ上がっています
  • 配当金(1.48%)★★☆☆☆:もう少し欲しいところ
  • 優待内容:★★★★☆ 長期保有で優待券1,000円追加
  • 参考指標:PER 14.8倍、PBR 1.46倍
  • 総合得点(15点満点):10点

※ データは2017年6月16日終値時のものです

日本BS放送は株主優待として親会社のビックカメラの商品券を送ってくれます。長期継続保有優遇制度もあるので、今後も保有し続ける予定です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク