プレナス 株主優待券の使用制限があるので注意

スポンサーリンク

プレナス(9945)の株主優待内容

プレナスの株主優待権利確定日は2月末日の年1回です。100株以上の保有で株主優待をもらうことができます。

株主優待の内容は、プレナスのグループ店舗で使用できる「株主お買い物優待券」です。保有株数に応じて、優待券額は以下のようになります。

・100株以上1,000株未満:優待券2,500円分
・1,000株以上:優待券5,000円分

優待券は1枚500円なので100株以上1,000株未満では5枚、1,000株以上では10枚となります。

100株保有の場合が最も高い利回りになるので、優待目当てであれば100株保有が良いでしょう。

プレナスの株主優待券を利用できる店舗

プレナスの株主優待券を使うことができる店舗は次の3つです。

  • ほっともっと
  • やよい軒
  • MKレストラン

店舗数では圧倒的にほっともっとが多く全体の8割以上を占めています。MKレストランは九州に多いようです。

優待券の使用に制限があります

この株主優待券は使用制限があります。

1回の来店につき1人2枚までしか使用できません。このことを知らないと、全部優待券で払うつもりが、現金での支払いが必要になることがあるかもしれません。

念のため、注意しておいた方が良いでしょう。

ほっともっとで優待券を使ってみました

近くに「ほっともっと」があるので、そこで優待券を使っています。

特すき焼き

期間限定で生卵をサービスでつけてくれる時期だったのでラッキーでした。

ロースとんかつ

特焼肉

チキン竜田

お米は家にあるのでいずれもおかず単品で注文しました。味のほうはちょっと味付けが濃く、めちゃくちゃ美味しいというわけではありませんが、思っていたよりも良かったです。

高い配当性向

 中間配当(円)期末配当(円)年間配当(円)配当性向(%)
2015年2月期25255045.1
2016年2月期30306063.2
2017年2月期30306056.9
2018年2月期(予想)30306053.4

プレナスの配当は1株あたり年間配当60円または、年間配当性向50%を達成する金額のいずれか高い額にするというのが基本方針です。

年間配当60円が保証されている(絶対ではないでしょうが)はありがたいですね。なお、2018年2月期は年間配当60円の予想です。

プレナス(9945)についての総評

  • 株価(2,379円)★★★★☆:この調子で
  • 配当金(2.52%)★★★★☆:なかなか良いです
  • 優待内容 ★★★☆☆:利回りはそこそこ
  • 参考指標:PER 21.1倍、PBR 1.39倍
  • 総合得点(15点満点):11点

※ データは2017年6月13日終値時のものです

100株で年間2,500円分の株主優待券がもらえます。株価が上がっているので優待利回りは1%少々ですが、配当利回りは悪くないのでこのまま継続して保有する予定です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク