株主優待券を売却し、46,252円になりました

優待券を売るために3つのお店で比較

株主優待券を売るために、前回に引き続き「アクセスチケット」「チケットオンライン」「アイギフト」で比較をしてみました。

アクセスチケット、チケットオンライン、アイギフトで株主優待券を売却
アイギフトも比較に加えました 今まで株主優待券を売却するときはアクセスチケット、チケットオンラインの2社を比較していました。理由は数年...

家にある優待券をチェックしましたが、何と期限切れの優待券を見つけました。

ヤマダ電機の500円券2枚です。もったいないことをしました。

優待券には期限があることが多いので、売るなら年末に行うべきでした。反省です。

スポンサーリンク

チケットオンラインが苦戦

 枚数アクセスチケットチケットオンラインアイギフト
レオパレス211セット300300150
キタムラ500円券2枚300400
ハーバー1セット025003000
ブックオフ50円券6枚463535
吉野家300円券10枚260200250
ビックカメラ1,000円券3枚900740910
ビックカメラ商品券2枚978900970
トーホー100円券50枚800800700
ココスジャパン500円券2枚420360430
ジョリーパスタ500円券2枚420355430
ゼンショー500円券6枚420350430
オートウェーブ18枚綴1セット400360300
スリーエフ500円券1枚440340420
ランシステム500円券6枚430300
USMH100円券30枚303030
アルペン500円4枚300330380
イートアンド500円4枚300280420
ヨシックス20%割引券10枚001
ヤマダ電機500円券4枚250290310
ハピネスアンドデイ3000円1枚1200
アコーディアゴルフ3000円10枚140018002000
おこめ券6枚420360420

今回はアクセスチケット10勝、チケットオンライン2勝、アイギフト14勝という結果でした。(同値の場合はそれぞれ1勝としています。)

チケットオンラインは2勝ですが、その2勝とも他店と同値でのトップということなので、今回はアクセスチケットとアイギフトの2店で優待券を売却することにします。

送料や手間を考えると、売る先が少ない方が良いので助かります。

レオパレス21が減額、トーシンは値がつかず

細かく以前の売値と比較したわけではありませんが、今回気がついたことはレオパレス21の優待券の売値が下がってしまいました。

以前はアクセスチケットで800円、チケットオンラインで500円だったのですが、どちらのお店も300円になってしまいました。

また、トーシンの100株保有でもらえる優待券は、内容の変更があったため値が付いていません。自分にとっても価値のない優待なのでどうしようもありません。

株主優待券 売却履歴

今回の優待券の売却で46,252円を得ることができました。これからは期限に余裕をもって売却することを心がけたいと思います。

2014年 84,475円
2015年 172,965円
2016年 123,603円
2017年 46,252円

スポンサーリンク

フォローする

株主優待券を売却し、46,252円になりました
この記事をお届けしたブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク