年初来高値更新で利回りが低下した銘柄を売却

スポンサーリンク

株価上昇で利回り低下

連日、年初来高値を更新した博展(2173)を売却しました。

博展は年1回の株主優待があります。

3月末日が優待権利確定日で、100株以上の保有でもらうことができます。株主優待の内容は500円分のクオカードです。

また、1株当たりの配当は14円で、配当の利回りは約1%です。

100株保有の場合の配当と優待を合わせた利回りは約1.5%と低くなってしまっているので売却しました。

株価はさらに上がるかもしれませんが、利回りだけを見て、この判断に至りました。

博展の値動き

1/25終値:1,242円
1/26始値:1,280円
1/26最高値:1,330円
1/26終値:1,282円

昨日までの最高値が1,257円だったので、今日は大幅に高値を更新しました。ただ、終値は1,282円と最高値よりは50円ほど下がってしまっています。

2.5倍の株価で売却

売却価格は1,318円。本日の最高値が1,330円だったので、良いところで売ることができました。

購入価格は523円なので79,500円の利益確定です。利益幅はそれ程たいしたことはありませんが、2.5倍も上がったことを考えれば、よく上がったなと思います。

今週は三機サービスに続いて利益確定できました。これで今年の損益通算は+206,700円となりました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク